本文へスキップ

岡山県で協議離婚を検討の方、ともに行政書士事務所へご依頼下さい。

TEL. 050-1343-6166

時間外その他連絡先

離婚・協議離婚離婚・協議離婚

サービス > 離婚・協議離婚

目次
離婚するための手続き 支援の内容
ご依頼の流れ  費用

離婚の87%ほどが協議離婚となります。
弊所ではできる限り中立的な立場で依頼者の方の自己決定の援助をし、
離婚が決定した場合は妥当な協議離婚となるよう支援致します。

・協議離婚に関する支援。
当事者のお話をよく聴き、双方が納得し合意の上の結論を出せるよう支援。
双方の合意で解決を目指す為、お互いに納得感のある解決が可能。
・紛争になり話し合いができない場合は弁護士にご依頼いただくか、  
 家庭手裁判所の調停手続きを進めて頂くこととなります。  

ともに行政書士事務所対応地域
 岡山市 倉敷市  玉野市 
その他の地域は相談により対応。


離婚するための手続き

  • 弊所では下記協議離婚の支援を行います。
  • ※協議離婚では離婚原因は問われません。
 夫   = 妻  
 ↓  ←
   
 協議離婚  →
話し合いがつかない場合
調停の申し立て
調停離婚 
調停が不成立の場合
訴訟の 申し立て  
裁判離婚 
 ↓    ↓    ↓
 離婚の合意    調停成立    勝訴判決
※和解・認諾による離婚
※敗訴の場合は離婚不可
 ↓    ↓    ↓
 離婚届の作成    
 ↓届出    
 市区町村役場    

裁判離婚には民法で定める離婚原因がある場合に限られます。  
  • 不貞行為  
  • 悪意の遺棄  
  • 三年以上の生死不明  
  • 回復の見込みのない強度の精神病  
  • 離婚を継続しがたい重大な事由

状況により決めていくこと
  • 財産分与  
  • 慰謝料  
  • 子供がいる場合 親権者 養育費 面会交流  

支援の内容

当事者同士で話し合いと合意が可能で、協議離婚したい方への支援。

当事者のお話をよく聴いた上で自己決定を支援。
双方にとって良いと思える解決を目指します。

一方の代理人となって他方と交渉しません。
相手へは弊所からの支援を基に本人から案を提示し、合意していく方式です。

家庭裁判所における調停や裁判による離婚には関与しませんが、
弊所では可能な限り当事者のお話を聴きいて、
時間の調整がしやすく
双方納得できる解決を目指せるという利点があります。
※現役の家庭裁判所家事調停委員が担当しますので、
 もしも調停になった際は依頼者の調停の担当は事前にお断り致します。

(期待される効果)
約束履行の可能性が高まる
今後の関係悪化をできる限り避けられる
双方納得の協議離婚ができる
協議離婚に関する書面を残しておき、将来の紛争予防効果を高める
養育費が滞った場合に強制執行できる離婚協議書を作成できる
今後の不安をできる限り解消して離婚できる可能性が高まる  
 状況により依頼があれば今後の生活シュミレーションを行います。
離婚に至らなくとも、書面によりお互いの関係を改めて認識できる

書面作成
和解・示談 関係修復書
離婚協議書
離婚公正証書


話し合いができず弁護士へ依頼した方がよいと判断した場合は、
できるサポートは継続致しますが途中で業務を中断する場合があります。


不動産の売却が必要となった際は、
関連会社の(株)ともに不動産がお手伝い致します。
※賃貸借にも対応


ご依頼の流れ

ご連絡(メール・電話等)

ご依頼者様の状況確認(土日祝・夜間は事前相談で対応)  
できれば夫婦双方からお話を聴きます。

お見積もり
正式依頼
ご入金

お話を聴いて、双方納得できる書類作成への支援を開始

離婚協議書案を作成  
 相手方も納得できるような妥当な協議書を、  
 できるかぎり中立的な立場で作成

相手方へ案を提示  
 ※ご本人から提示。
 ※弊所では代理人として交渉しません。
修正があれば修正。問題がなければ正式な書面を作成。
合意に至るまで繰り返します。※サポート期間内。

いずれの書類を作成するか確定後、残金入金
離婚協議書
離婚に関する公正証書
婚姻関係修復書 等



費用

事前お見積もり。
内容により変更あり。
 事前支援有り  
ご依頼から協議書等案が合意できる期間。
合意からの書面作成期間除く。
 面談 ※訪問も可能
メール 無制限
電話 適宜
 1月以内  50,000円
 3月以内  100,000円
 4月〜  30,000円/月
 上記+実費+書面作成料等別途※下記記載 事前サポートご依頼中に合意の場合
下記サポートなし料金から 4割引。
※実費除く
※FPシュミレーション含む

事前支援無し
合意できた内容を書面にする場合
 
 離婚協議書  55,000円
 離婚に関する契約公正証書  
公証人手数料が必要
 65,000円 ※公証人手数料別途
 関係修復が可能な場合の書面作成 和解・示談 関係修復書  44,000円
 FP提案書 55,000円〜 
 他実費  

※弊所で書面作成まで至らなかった場合でも、  
 必要な費用はいただくことになります。
※支援期間より早く解決・または中断した場合でも、  
 申込時の料金の返却はありませんのでご注意下さい。




このエントリーをはてなブックマークに追加



バナースペース

ともに行政書士事務所

〒709-1203
岡山県岡山市南区
西紅陽台三丁目1番地76

TEL
050-1343-6166
mobile
080-4296-4134

FAX
086-362-1354

E-mail
 クリックでメールフォーム